神戸から京都へ移住したフリープログラマーです

スマイルプログラマー京都へ移住!

YouTube 仕事

YouTube収益化審査通過条件 ツールで作ったテキストスクロール型

投稿日:

YouTube の収益化審査の情報です。

この度、5チャンネル中4チャンネルが収益化審査に通ったので、そこから収益化審査通過の条件を考えてみました。

サンプル数が少ないので断言はできませんが。

まず、この5チャンネルについてですが、全てツールを使用して作りました。

テキストスクロール、文字スクロール型の動画になります。

収益化基準を満たしたのが8月上旬です。

5チャンネルほぼ同じタイミングでした。

審査結果が出るのに3週間ほどかかったことになります。

ちなみに、以前収益化審査を保留されたチャンネルはまだ審査中ですので、審査終了を待っているよりは、新規に作った方が早いかと思われます。

では、審査通過の条件を考察したいと思います。

まず、基本ですが、チャンネル毎にジャンルを統一すること。

審査通過に関係があるかはわかりませんが、審査基準を満たすにはこれは必須と言えます。

それから、チャンネル毎に固有のキーワードをタイトルに入れること。

再生回数の伸びが違ってきます。

そして、通過したチャンネルと落ちたチャンネルの唯一の違いですが、

過去12ヶ月の総再生時間4,000時間、YouTubeチャンネル登録者数1,000人突破

再生時間より登録者を先に満たしていました。

落ちたチャンネルは再生数はあるけど、登録者の伸びがイマイチだったのです。

なので、初期は再生時間よりも、登録者確保に力を入れることです。

登録者を増やすにはコツがいりますが、順調にいけば1週間ほどで突破できます。

再度申し上げますが、サンプル数が少ないので、確定ではありません。

1日に各チャンネルに5本ずつアップし続けたので、1日25本をアップ。

既存のチャンネルもあるので、それ以上です。

リサーチ云々言う人もいますが、ジャンル設定さえ間違わなければ、リサーチするより動画をアップした方が早いです。

これ手作業で作ると限りなく無理に近い作業なのでツールなしでは無理だったでしょう。

次回、そのツールについて紹介予定です。

 

 

 

-YouTube, 仕事

Copyright© スマイルプログラマー京都へ移住! , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。